忍者ブログ

すでに時効時効

寝不足気味

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

寝不足気味



 

このところ毎朝、とても早い時間にハクが起こしてくれる。


どのくらい早いかというと5時過ぎ。たまらんし康泰導遊

寝床から「静かにし!」と怒った声を出すと、しばらくは静かになるが、またガタガタと音を立て始める。

「静かにし!」「もうちょっと待って!」 

しばらく静か、またガタガタ

「怒るで!静かにし!」

しばらく静か またガタガタ

 

母ちゃんがあきらめて起き出すまで続ける康泰導遊。この音をどうしてたてているのかは、未だ不明。

ハクはシッコがしたくて起こすわけではない。

リビング側のハク部屋のドアを開けてやると、リビングの自分の座布団に直行して寝る態勢に入っている。

そんなん、自分の部屋で寝ていたらええやんか!

座布団に行って寝るためだけに起こさんといて!と最初は思ったが、この頃はちょっとあきらめムードが漂う飼い主だ。

母ちゃんが寝直すために寝床に行っても、そこまではくっついてこない。

 

この目覚ましが始まった時、一番最初の日は起こすつもりはなかったようだ。

ハクがバタバタと音をたてているのを夢現で聞きながら、突如「何か異変」と認識。

「何か異変」という認識が得られるまでどのくらいかかったかは全く定かではないが、

異変を認識するやいなや、寝床からガバっと起き法國自由行、ハクを見に行った。

ハクの部屋にハクはおらず、ドアの向こうから顔を出し、前足をドアにかけていた。

異変と感じたのは、後ろ足でドアを登ろうとしてもなかなか登れず、前足でぶら下がったまま、なんとかドアに足をひっかけて登ろうとする音だった。

玄関側からドアにぶら下がり後ろ足でジタバタしていた音が、母ちゃんの耳に届いたのだ。

それも母ちゃんを見るや「マズイ、怒られる!!!」と思ったのか、俄然力が入りはじめたようだ。

すぐに玄関側に行き、登頂成功寸前のハクを後ろから抱き上げ、地面に着地させてやった。

早く起きたハクが退屈で一人遊びをしていただけかもしれないので怒らなかったのだが、

怒られなかったことに味を締め香港如新、この時から、音を立てたら起きてきてくれると認識したようだ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R